全1059文字
PR

2025年開催予定の大阪・関西万博で会場のシンボルになる「大屋根(リング)」は、世界最大級の木造建築物になることが発表された。木造・木質化のパビリオンも多く、“木の万博”になる可能性が高まってきた。

 2025年日本国際博覧会協会は7月13日、「大屋根」の最新パースを公開した〔図1〕。大屋根の建築面積は約6万m2で、高さは12~20m。リング部分は幅が約30m、内径が約615m、1周の長さが約2kmある。建設費は約350億円を見込む。

〔図1〕大屋根は見上げる高さの巨大木造に
〔図1〕大屋根は見上げる高さの巨大木造に
1周が約2kmある大屋根(リング)は、高さが12~20mとなる。完成すると世界最大級の木造建築物になる見通しだ(資料:2025年日本国際博覧会協会)
[画像のクリックで拡大表示]

 構造には、木造の貫(ぬき)工法を採用する。金物などをなるべく使わず、柱と柱の間に貫を通す日本伝統の軸組みだ。京都の清水寺にある「清水の舞台」を下から支える部分がイメージに近い。木材は国内外から調達する。使用量は約2万m3になる。

 大屋根の下は会場の主動線になるだけでなく、雨風や日差しを遮る滞留空間になる〔図2〕。屋上に上って散策することも可能だ〔図3〕。大屋根の上には緑の丘が広がるという。

〔図2〕大屋根の下は会場の主動線
〔図2〕大屋根の下は会場の主動線
大屋根の下の歩道「リンググラウンドウォーク」は、会場の主動線になる。雨や日差しから来場者を守る(資料:2025年日本国際博覧会協会)
[画像のクリックで拡大表示]
〔図3〕大屋根の屋上を散策できる
〔図3〕大屋根の屋上を散策できる
大屋根の屋上に設ける歩道「リングスカイウォーク」からは、会場全体や瀬戸内海を見渡せる(資料:2025年日本国際博覧会協会)
[画像のクリックで拡大表示]

 大屋根は万博全体の会場デザインプロデューサーを務める藤本壮介氏がデザインした建築物だ。「多様でありながら、ひとつ」という、大阪・関西万博の理念を象徴する。構造を木造にすると決めたのも藤本氏だ。基本設計は藤本氏と東畑建築事務所・梓設計JVが担当している。