全1441文字
PR

竣工から8カ月で、南側外装のルーバーに複数の損傷が見つかった千葉県市川市の第1庁舎。調査を進めていた第三者機関が8月30日、乾燥収縮などが原因だとする見解を市に示したことが日経アーキテクチュアの取材で分かった。

 設計・監理を山下設計が、施工を竹中工務店・大城組特定建設工事共同企業体(JV)が手掛けて2020年7月に竣工したばかりの市川市第1庁舎。外観の特徴は、日照による空調負荷を減らすために南側全面に設置したプレキャストコンクリート(PCa)の水平ルーバーだ〔写真1〕。

〔写真1〕南側の外装ルーバーが大量破損
〔写真1〕南側の外装ルーバーが大量破損
市川市第1庁舎の外観。地下1階・地上7階建てで、延べ面積は約3万480m2。南側には日照による空調負荷を減らすため、北側には植栽を設けるためにルーバーを設置している(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
北側外観(写真:日経アーキテクチュア)
北側外観(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 1枚当たり長さ約5.3m、幅約66cm、厚さ約2.8cmのPCa版(ルーバー)を並べ、建物側から張り出したT形鋼で支えていた。ルーバーとT形鋼のジョイント部分にはスタッドジベルやシアキーを配し、無収縮モルタルを充填していた。PCa版を製作した企業について竹中工務店は「回答を差し控える」としている。

 ルーバーの破損が発覚したのは21年3月。市民から指摘を受けて市が調べた結果、数十カ所に亀裂などが見つかった〔写真2〕。このとき見つかった損傷は、「PCa版の端部に生じた亀裂」と「PCa版と無収縮モルタルの継ぎ目に生じたひび割れ」の2パターンだ。

〔写真2〕PCa版の端部に亀裂
〔写真2〕PCa版の端部に亀裂
PCa版端部の損傷箇所。打診した際に異音がしたため、浮いたコンクリートを取り除いた。2021年4月6日撮影(写真:大久保たかし市川市議会議員)
[画像のクリックで拡大表示]

 市が原因調査を依頼していた建築研究振興協会(東京都港区)は21年8月30日、「損傷は地震の影響によるものではなく、PCa版の温度変化による伸縮や、乾燥収縮によるものと推定される」との見解を示した。同協会は、温度変化による伸縮や乾燥収縮でルーバーが変形し、モルタルとの継ぎ目付近に損傷が発生した可能性が高いとみている〔図1〕。

〔図1〕乾燥収縮などによる変形が原因か
〔図1〕乾燥収縮などによる変形が原因か
PCa版とT形鋼のジョイント部分の3次元モデル図。市川市によると、ジョイント部分は240カ所あるという(資料:山下設計の資料に日経アーキテクチュアが加筆)
[画像のクリックで拡大表示]

 自社で調査を実施した山下設計も建築研究振興協会と同様の見解を示している。市庁舎整備担当室は「温度変化による伸縮や乾燥収縮に配慮した設計、施工が必要だったはずだ」と指摘する。山下設計は日経アーキテクチュアの取材に対して「再発防止策の検討を進めている」と回答した。

 21年9月末時点で是正方法は決まっておらず、ルーバーのジョイント部には補強テープを貼った状態が続いている。市は建築研究振興協会に対して、山下設計などが提示した是正方法の評価も含めて、最終報告を取りまとめるように依頼している。報告を踏まえて、是正方法を正式に決定する考えだ。