PR
全1621文字

過去50年間で最も影響力のある超高層ビル50件は何か──。米国で発表された調査結果によると、日本国内に立つビルは1件。米国や中国では、意匠や技術などの面で、人々の記憶に残る建築が多く挙がった。

 米国シカゴに本部を置く国際非営利団体(NPO)「高層ビル・都市居住評議会(Council on Tall Buildings and Urban Habitat、以下CTBUH)」は10月、ある調査結果を発表した。同団体の会員である建築などの専門家が、建物の象徴性や周辺環境・景観との調和性、環境配慮、構造の革新性などの観点で建築や都市への影響力を評価。1969年~2018年に完成した超高層ビルの中から50件を選出した。日本からは「モード学園コクーンタワー」(東京都新宿区、08年完成)の1件が選ばれた〔写真1〕。

〔写真1〕未来のキャンパス像が評価
〔写真1〕未来のキャンパス像が評価
米国のCTBUHが発表した調査で、日本国内で唯一選出された「モード学園コクーンタワー」。未来の大学キャンパス像を体現したと評価を受けた(写真:堀内 広治)
[画像のクリックで拡大表示]

 国・地域別にみると最多は米国の14件。50選の中で最も古い「875 ノース・ミシガン・アベニュー」(シカゴ、1969年完成)は、ブレースチューブ構造を初採用したビルだ。

 次いで多いのが中国(香港を除く)の6件。例えば中国中央電視台(CCTV)本社(北京、2012年完成)は、巨大な門形が印象的で、板状の超高層ビルが多い中で異色の存在として評価された。他には、英国やアラブ首長国連邦なども複数の建物が挙がった〔図1〕。

図1〕米国と中国から多数選出

CTBUHが発表した「過去50年間、世界で最も影響力のある超高層ビル50件」を、地域別に並べた。数字は完成年あるいは開業年(資料:CTBUHの発表を基に日経アーキテクチュアで作成)

北米(14件)
875ノース・ミシガン・アベニュー(旧ジョン・ハンコック・センター、米シカゴ、1969)
AMAプラザ(旧IBMプラザ、米シカゴ、1972)
トランスアメリカ・ピラミッド・センター(米サンフランシスコ、1972)
ウィリス・タワー(旧シアーズ・タワー、米シカゴ、1974)
601レキシントン(旧シティグループ・センター、米ニューヨーク、1977)
333ワッカー・ドライブ(米シカゴ、1983)
550マディソン・アベニュー(旧AT&Tビルディングまたは旧ソニータワー、米ニューヨーク、1983)
U.S.バンク・タワー(旧ライブラリー・タワー、米ロサンゼルス、1990)
4タイムズ・スクエア(旧コンデ・ナスト・ビルディング、米ニューヨーク、1999)
ハースト・タワー(米ニューヨーク、2006)
アクア・アット・レイクショア・イースト(米シカゴ、2009)
バンク・オブ・アメリカ・タワー(米ニューヨーク、2009)
ワン・ワールド・トレード・センター(米ニューヨーク、2014)
セールスフォース・タワー(米サンフランシスコ、2018)
米国シカゴに立つ「ウィリス・タワー」。高さ約442mで、1998年まで世界一高いビルだった。その後の超高層建築に大きな影響を与えた(写真:読者提供)
米国シカゴに立つ「ウィリス・タワー」。高さ約442mで、1998年まで世界一高いビルだった。その後の超高層建築に大きな影響を与えた(写真:読者提供)
[画像のクリックで拡大表示]
東アジア・東南アジア(17件)
ジャーディン・ハウス(香港、1973)
香港上海銀行(HSBC)香港本社ビル(香港、1985)
中国銀行香港支店ビル(香港、1990)【熊谷組が施工】
ペトロナス・ツインタワー(マレーシア・クアラルンプール、1998)
ジン・マオ・タワー(中国・上海、1999)
台北101(台湾・台北、2004)【熊谷組などのJVが施工】
上海環球金融中心(中国・上海、2008)【森ビルグループが運営】
モード学園コクーンタワー(日本・東京、2008)
リンクド・ハイブリッド(中国・北京、2009)
マリーナ・ベイ・サンズ(シンガポール、2010)
インターナショナル・コマース・センター(ICC、香港、2010)
中国中央電視台(CCTV)本社(中国・北京、2012)
パークロイヤル・オン・ピッカリング(シンガポール、2013)
珠江タワー(中国・広州、2013)
上海タワー(中国・上海、2015)
マハナコン(タイ・バンコク、2016)
ロッテ・ワールド・タワー(韓国・ソウル、2017)
「中国銀行香港支店ビル」。革新的な構造が、工期の短縮や建材量の縮減に寄与した。熊谷組が施工に携わった(写真:熊谷組)
「中国銀行香港支店ビル」。革新的な構造が、工期の短縮や建材量の縮減に寄与した。熊谷組が施工に携わった(写真:熊谷組)
[画像のクリックで拡大表示]
「台北101」で、完成から2010年まで世界で最も高かった。熊谷組が施工に携わった(写真:日経アーキテクチュア)
「台北101」で、完成から2010年まで世界で最も高かった。熊谷組が施工に携わった(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
欧州(9件)
ロイズ・ビルディング(英ロンドン、1986)
コメルツ銀行タワー(独フランクフルト、1997)
ポスト・タワー(独ボン、2002)
30セント・メリー・アクス(旧スイス・リ・タワー、英ロンドン、2004)
ターニング・トルソ(スウェーデン・マルメ、2005)
ツアー・ファースト(仏クルブボア、2011)
ザ・シャード(英ロンドン、2013)
リーデンホールビル(英ロンドン、2014)
ボスコ・ベルティカーレ(伊ミラノ、2014)
中東(6件)
ナショナル・コマーシャル・バンク(サウジアラビア・ジッダ、1983)
ブルジュ・アル・アラブ(アラブ首長国連邦・ドバイ、1999)
バーレーン・ワールド・トレード・センター(バーレーン・マナマ、2008)
ブルジュ・ハリファ(アラブ首長国連邦・ドバイ、2010)
アル・バハール・タワーズ(アラブ首長国連邦・アブダビ、2012)
ドーハ・タワー(カタール・ドーハ、2012)
世界で最も高い、高さ約828mの「ブルジュ・ハリファ」。空調設備には日立プラントテクノロジー(現、日立製作所)も参加。工事費は15億ドル(約1400億円)に上った(写真:読者提供)
世界で最も高い、高さ約828mの「ブルジュ・ハリファ」。空調設備には日立プラントテクノロジー(現、日立製作所)も参加。工事費は15億ドル(約1400億円)に上った(写真:読者提供)
[画像のクリックで拡大表示]
オセアニア(2件)
ワン・ブライ・ストリート(豪シドニー、2011)
ワン・セントラル・パーク(豪シドニー、2014)【積水ハウスなどのJVが開発】
中南米(2件)
トーレ・コスタネラ(チリ・サンティアゴ、2014)
トーレ・レフォルマ(メキシコ・メキシコシティ、2016)

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い