全1002文字

 地上20階建てのマンション「アパタワーズ神戸三宮」の外壁タイル剥落を巡り、管理組合が発注者と設計・監理者、施工者の3社に計約2億4000万円の損害賠償を求めた訴訟が1月13日、大阪地方裁判所で和解した。アパホーム(金沢市)と大木建設(東京都江東区)が計約1億1540万円を管理組合に支払う。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【春割開始】日経電子版セットで2カ月無料

  日経電子版セットだと日経クロステックが月々650円お得

詳しくは日経クロステック有料会員お申し込みのページで。


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料