全1054文字
PR

 二酸化炭素を消火剤とする不活性ガス消火設備(以下、二酸化炭素消火設備)の誤操作・誤作動による事故が相次いでいる。4月15日には、東京都新宿区下落合のマンション地下駐車場で、天井の張り替え工事中に二酸化炭素消火設備が作動。駐車場内に二酸化炭素が充満し、作業員4人が死亡した〔写真1〕。

〔写真1〕事故後の二酸化炭素濃度は通常の約1000倍
〔写真1〕事故後の二酸化炭素濃度は通常の約1000倍
事故が発生した東京都新宿区下落合に立つマンション。東京消防庁によると、空気中の二酸化炭素濃度は通常0.02%程度。事故発生から約1時間後に同庁が測定した地下駐車場の二酸化炭素濃度は約21%だった(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 事故現場のマンション地下駐車場は機械式で、普段は人が立ち入ることはなかったが、事故当日は7人が老朽化した天井の張り替え工事をしていた。工事を請け負った株木建設(水戸市)によると、死亡した作業員は1次下請け会社の社員だという。

 警視庁は、工事中に何らかの理由で消火設備が作動して防火扉が閉まり、作業員が閉じ込められた可能性があるとみて捜査を進めている。

 二酸化炭素消火設備は、火災時に二酸化炭素を室内に放出して空気中の酸素濃度を下げることで消火する設備。消防法や同法施行令などでは、普段は人が入らない機械式駐車場などに二酸化炭素消火設備を設置する場合、作動から1分以内に消火剤を全て放出できる設備とするよう義務付けている。

 総務省消防庁は4月15日、各都道府県の消防防災主管部長や日本消防設備安全センター(東京都港区)などに対して通知を発出した。通知では、二酸化炭素消火設備の設置場所付近で工事などを行う場合は(1)消防設備士または消防設備点検資格者が立ち会って監督し、安全対策を管理できる体制を確保すること、(2)工事などを開始する前には閉止弁を閉めるといった措置を講じること──の2点を徹底するよう求めた。