全620文字

 AI(人工知能)やビッグデータを活用して未来の都市を構築する「スーパーシティ」構想。内閣府は4月20日、区域指定に向けた公募に、合計31件の提案があったと発表した。5月以降、国家戦略特別区域諮問会議の専門調査会などで議論。2021年夏の区域指定を目指す。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料