全887文字
PR

 国土交通省と環境省、経済産業省の3省は8月10日、住宅・建築物の脱炭素化を進めるため、2030年までに新築戸建て住宅の6割に太陽光発電設備を導入するという数値目標を明らかにした。個人負担を減らすため、補助制度や融資、税制などの支援措置を今後、検討する。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料
この機会をお見逃しなくお申し込みください


日経クロステックからのお薦め

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料