全806文字
PR

 頻発、激甚化する豪雨災害を受け、国土交通省は都市開発と水災害対策の連携を強化する。都市開発プロジェクトにおける容積率緩和の評価対象として水災害対策に関する貢献を明確に位置づける。国交省は、防災貢献の具体的内容や制度運用に関する考え方をまとめ、9月7日に都道府県などに宛て技術的助言を通知した。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料