全751文字
PR

 万葉倶楽部(神奈川県小田原市)は2020年12月4日、小田原駅に直結する複合施設「ミナカ小田原」を開業した〔写真1〕。万葉倶楽部グループが運営するホテルや、子育て支援施設など、合計57の店舗や施設が入居した。総事業費は約140億円だ。

〔写真1〕タワーと商業一体の建物
東側外観
「ミナカ小田原」の東側外観
[画像のクリックで拡大表示]
鳥瞰。低層棟とタワー棟の間、地上3階のデッキに広場を設けた。建物の高さは約54.6m(写真:沖 裕之)
鳥瞰。低層棟とタワー棟の間、地上3階のデッキに広場を設けた。建物の高さは約54.6m(写真:沖 裕之)
[画像のクリックで拡大表示]

 敷地面積は約5600m2で、延べ面積は約3万1400m2。商業施設が入る4階建ての低層棟と、地下1階・地上14階建てのタワー棟から成る。

 構造は鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造。江戸時代の宿場町を模した低層棟などの一部は木造とした。事業者の万葉倶楽部が全体の企画・基本設計を手掛け、木造以外の基本・実施設計と施工を五洋建設、木造部の設計をシェルター(山形市)、同施工を石井工務店(静岡県熱海市)が担当した。

 ミナカ小田原は、「小田原駅東口お城通り地区再開発事業」の一環として建設された。同再開発事業は、1984年に市が土地を取得し、長年検討が続いてきた。市は緑化歩道、駐車場施設ゾーン、広域交流施設ゾーンの3つの事業に区分。そのうち広域交流施設ゾーン整備の事業施行者を2016年に公募し、万葉倶楽部を優先交渉権者に決定した。

観光客と住民両方を呼び込む

 小田原市にとって念願となる駅前施設。観光客と地域住民、両方のニーズを満たす機能を集約した。

 新幹線が停車する小田原駅から街に人の流れを引き入れるため、集客の目玉としたのが、宿場町を彷彿(ほうふつ)とさせる低層棟の商業施設「小田原新城下町」だ。木造部では、耐火被覆部材にシェルターが開発した「COOL WOOD(クールウッド)」を採用した。タワー棟には、温泉ホテル「天成園」の別館や「展望足湯庭園」を配置。コンベンションホールも備える。一方、市立図書館やハローワーク(公共職業安定所)などを入れて住民も呼び込む。