全770文字
PR

 ホテルやレストランなどを運営するプラン・ドゥ・シー(東京都千代田区)は1月20日、任天堂の旧本社社屋を活用したホテル「丸福樓(まるふくろう)」を2022年4月に開業すると発表した。安藤忠雄氏が設計監修を手掛ける〔図1〕。

〔図1〕外観など趣を残す改修案
〔図1〕外観など趣を残す改修案
任天堂の旧本社社屋をホテルに活用。安藤忠雄氏による外観スケッチ(資料:プラン・ドゥ・シー)
[画像のクリックで拡大表示]
工事前の既存棟エントランス(写真:プラン・ドゥ・シー)
工事前の既存棟エントランス(写真:プラン・ドゥ・シー)
[画像のクリックで拡大表示]
既存棟の外観。構造はいずれも鉄筋コンクリート造だ(写真:プラン・ドゥ・シー)
既存棟の外観。構造はいずれも鉄筋コンクリート造だ(写真:プラン・ドゥ・シー)
[画像のクリックで拡大表示]

 建物は、任天堂の創業地である京都市下京区鍵屋町に立つ。隣接する3つの建物で構成し、1930年に竣工した2棟を地上3階建ての「既存棟」とし、ホテルに活用する。残りの1棟は地上4階建ての「新棟」とする。

 敷地面積は約802m2、総延べ面積は約1716m2だ。スイートルームを含めて全18室を配置し、広さは33m2~79m2。料金は食事付き1室2人で、1泊10万円からとする。