全776文字
PR

 通販大手のジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)は、長崎市内で計画中の「長崎スタジアムシティプロジェクト」で、コロナ後の「新しい生活様式」に合わせて計画内容を変更すると発表した。主に企画内容や事業収益性、サッカースタジアム観客席の間隔などを見直す。十分な検討期間を確保するため、当初2023年としていた開業時期は24年に延期した。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料