全891文字

 千葉市の千葉競輪場跡地に完成したベロドローム(自転車競技施設)の「千葉JPFドーム」が、10月2日に供用を開始した。重さが約1000tあるドーム状の大屋根が特徴だ。設計・施工を手掛けた清水建設は新しい構造形式「リングシェル(単層張弦ドーム構造)」で大屋根を設計し、無柱の大空間を生み出した。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料
この機会をお見逃しなくお申し込みください


日経クロステックからのお薦め

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料