全883文字

 清水建設が東京・豊洲で開発を進めている「ミチノテラス豊洲」の区域内で11月1日、オフィス棟「メブクス豊洲(MEBKS TOYOSU)」の入居が始まった。2021年末までには、テナントフロアの約半分で入居が完了する見通しである。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い