全813文字
PR

 鹿島は1月21日、メディアアーティストの落合陽一氏がCEO(最高経営責任者)を務めるピクシーダストテクノロジーズ(PXDT、東京都千代田区)と共同で、鹿島スマート生産で活用するデジタルツイン基盤「鹿島ミラードコンストラクション」(Kajima Mirrored Construction、KMC)を構築したと発表した。約2年の共同研究を経て、KMCを都内のプロジェクトに初導入したことを明かした。

 KMCの実体は、現場着工前に作成するBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)データと、施工中の建設現場に設置するセンサーで集める空間データを一元管理する、クラウド上のデータベースだ。レーザースキャナーやWebカメラに加えて、パルス投光したレーザーがセンサー内の受光素子に戻ってくるまでの時間を計測して、距離に換算する「ToF(タイム・オブ・フライト)センサー」を駆使し、施工現場の空間データを取得し続ける。

 集めた空間データには、撮影時刻(タイムスタンプ)が付く。日々変化していく現場の時刻付きデジタルツインデータを使い、施工管理や遠隔管理の生産性向上、自動搬送ロボットの効率運行などに役立てていく。

部材レベルで細かく色分け

 KMCを使えば、時間の推移に伴うセンサーデータや画像の差分から、施工の進捗状況を部材レベルまで細かく可視化できるという。既に導入現場で運用を開始している。

 例えば、BIMデータとレーザースキャナーで取得した点群の現況データを照合。施工が完了した部位を色分けした画像(出来形ビュー)を生成できる〔図1〕。部材ごとの施工進捗率を算出し、蓄積することも可能だ。

〔図1〕施工が完了した部位を色分けして表示
〔図1〕施工が完了した部位を色分けして表示
BIMと点群データから生成した「出来形ビュー」。緑は施工完了、赤は未完了を表している(資料:鹿島)
[画像のクリックで拡大表示]

 出来形ビューは独自の3次元ビューワーで閲覧する。カメラ画像はWebブラウザーから見られる〔図2〕。現場のカメラからKMCにアップされる映像データはリアルタイムに配信可能なうえ、画像解析により変化があった部分を色分けして表示できる。

〔図2〕Webカメラで現場の変化を把握
〔図2〕Webカメラで現場の変化を把握
画像の差分から作業進捗を確認する。赤の部分が変化した場所(資料:鹿島)
[画像のクリックで拡大表示]