全1644文字
PR

 建設ロボットの開発・導入が加速していることと連動し、現場管理のスマート化を図るための技術開発が活発だ。なかでも、資材搬送の自動化に向けた動きが目立つ。

 例えば、大林組が2月19日に発表したシステム。複数の工事用エレベーターと搬送ロボット、天井に設置したカメラなどを統合的に管理することで、水平搬送だけでなく、階をまたいだ垂直搬送を自動化した〔写真1〕。

〔写真1〕搬送経路を自動で設定
〔写真1〕搬送経路を自動で設定
大林組が開発したシステムに導入する搬送ロボット。本体にレーザーセンサーを備えた。ロボットを現場内で稼働させるための地図情報は、搬送指示用のエリアを示した図面データを使う(写真:大林組)
[画像のクリックで拡大表示]

 このシステムを導入すれば、技能者はタブレット端末などで搬送元と搬送先の各エリアを入力するだけで済む。システムが指示に従って搬送経路を自動で設定し、同時に複数のロボットに順次搬送を指示。それと連動するようにエレベーターも制御するため、無人で資材を搬送できる。

 大林組ロボティクス生産本部技術企画課の笹原大介担当課長は、「資材搬送の労務を3割削減し、夜間の揚重作業の出来高を20%向上できる」と、導入効果を説明する。

天井カメラで危険を検知

 搬送ロボットは、大林組とスイスに本社を置くストックリン社が新たに共同開発したフォークリフト型だ。各ロボットが自己位置を推定するための自律走行ナビゲーション技術「ANT」を搭載した。ブルーボティクス社(スイス)による技術だ。大林組が開発したシステムとANTが連携し、状況に応じた指示をロボットに送信する。

 ロボットの搬送作業を支援するため、AI(人工知能)を活用した画像解析を導入した。天井に設置したカメラの画像を用い、搬送経路に人が侵入した場合など、危険を検知するとロボットの走行を止める。ロボットが搬送した資材の位置がずれていないかなどを自動で確認することも可能だ〔写真2〕。

〔写真2〕AIの画像認識で安全性高める
〔写真2〕AIの画像認識で安全性高める
天井などに設置したカメラとも連携する。搬送経路に人が侵入した場合などは、AI(人工知能)が検知してロボットの走行を止める(写真:大林組)
[画像のクリックで拡大表示]
カメラの画像から、資材の有無や位置のズレなども監視できる(写真:大林組)
カメラの画像から、資材の有無や位置のズレなども監視できる(写真:大林組)
[画像のクリックで拡大表示]

 大林組は2020年春から複数の建設現場にシステムを導入し、効果を検証する予定だ。