全858文字
PR

 戸田建設はNTTドコモと共同で、建設現場で稼働しているタワークレーンの運転席で携帯電話の音声通話とデータ通信を安定して利用できるネットワーク環境を構築した。建設業界で初めてだという。3月11日に発表した。

 タワークレーンの運転席は、建設現場の上空に位置するため、携帯電話やスマートフォンの電波が届きにくい。運転席に安定した通信環境を提供することは、以前から課題だった。

 タワークレーンは工事の進捗とともに高さが変わる。クレーンが高くなると、公共の電波では通信が安定しなかった。

 今回、運転席のすぐ下に位置する「下部フレーム」に、ドコモの電波照射用の無線機とアンテナを設置〔図1写真1〕。運転席でも携帯電話の音声通話とデータ通信が可能なネットワークを構築した。

〔図1〕運転席と下部フレームは無線接続
〔図1〕運転席と下部フレームは無線接続
下部フレームと運転席はケーブルで結ばず、無線接続した。下部フレームまでは高速で安定している光回線を敷設する(資料:戸田建設)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真1〕下部フレームに無線機やアンテナ設置
〔写真1〕下部フレームに無線機やアンテナ設置
運転席の下に位置する下部フレームに通信機器や電源装置を設置した(写真:戸田建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 タワークレーンはぐるっと旋回するため、運転席と下部フレーム間の通信はケーブルで結ばずに無線接続した。一方、下部フレームまでは高速な光回線を地上から敷設した。この組み合わせで運転席の通信環境を確立した。

 その結果、タワークレーンの大量な稼働データをクラウドにアップロードし、ほぼリアルタイムに解析することが可能になった。戸田建設は稼働データを取得するため、運転席に位置情報用のアンテナやセンサー、カメラを取り付けている。通信が安定すれば、同社が試行しているタワークレーンの「3次元自動誘導システム」の精度や操作性が向上することを期待できる。将来的には、より遅延が少なく高速な5G(第5世代移動通信システム)の活用も視野に入れている。

部材の判別や移動を自動に

 タワークレーンの3次元自動誘導システムは、これまで手動だったブームの起伏や旋回操作などを、鉄骨BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)データと施工計画データを使って自動化するものだ。揚重部材の自動判別や移動ルートの自動作成機能によって、オペレーターの負担が減り、経験が浅い人でも効率良くタワークレーンを操作できるようになる。タワークレーンの無駄な動きが減れば、電力消費を抑えられる。