全801文字

 三井住友建設は、木製の梁にPC鋼材を貫通させてプレストレス(緊張力)を導入する「プレストレスト木質構造」の設計法を確立した。梁にプレストレスを導入することで、たわみを抑え、同じ断面でもスパンが伸ばせる。最大スパン11mを確保し、大空間と外周部に壁のない開放的な空間を木質構造で実現する。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料