全792文字
PR

 清水建設と感染制御を専門とする順天堂大学の堀賢教授は、室内のCO2濃度や在室者の位置情報から新型コロナウイルスの感染リスクを評価し、リスク分布をモニター画面で可視化するシステムを共同開発した。室内のCO2濃度からマイクロ飛沫感染、在室者の位置情報から飛沫感染を評価し、合算した感染リスクを示す〔図1〕。4月22日に発表した。

〔図1〕マイクロ飛沫と飛沫による感染リスクを合算
〔図1〕マイクロ飛沫と飛沫による感染リスクを合算
上段がマイクロ飛沫感染の評価。室内のCO2濃度分布から感染確率を算出する。下段が飛沫感染の評価。在室者の位置情報を基に、人からの距離に応じて減衰する飛沫の到達率を勘案して、飛沫由来の感染性粒子量を算出する。これら2つの結果を合わせて、室内各所の感染リスクを面的に評価する(資料:清水建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロ飛沫とは、せきやくしゃみから出た5μm(μは100万分の1)未満の飛沫で、空気中にしばらく漂い、2m超まで広がる可能性があるという。清水建設と堀教授は、マイクロ飛沫による感染リスクとCO2濃度に相関関係があることに着目した。室内に複数のCO2センサーを設置し、検知した濃度から空間全体の濃度分布を推定。在室者が吸引する可能性がある感染性粒子量の分布を計算する手法を開発した。

 一方、飛沫感染のリスク評価は、在室者の位置情報を用いて、人からの距離に応じて減少する飛沫の到達率を勘案し、飛沫由来の感染性粒子量を算出する。マスク着用の有無をパラメーターとして設定できる。

 位置情報は在室者にタグを持たせて、天井に設置したロケーターとBluetoothで通信することで座標を割り出す。誤差は10cm~1m程度で、在室者がどの席に座っているかを特定する。

リスクが少ない座席を選べる

 最終的に、マイクロ飛沫と飛沫に起因する感染性粒子吸引量を基に室内の感染リスクを評価し、リスクレベルを色分けした分布図をモニターに表示する。感染リスクは、危険(赤)から安全(青)の色分けで示す。

 例えばフリーアドレスを導入したオフィスなら、リスク分布を入り口のディスプレーや個人のスマートフォンで確認できるようにすれば、リスクが少ない座席を選べるようになる。

 清水建設はシステムを実装するためのアプリケーションを開発中だ。同社が設計や施工に関わったかに関係なく導入できるという。