全812文字
PR

 長谷工コーポレーションは6月5日、無線ICタグ(RFID)が付いたボールを使う排水管の通球試験システム「Drain Trace(ドレイントレース)」を開発したと発表した〔図1〕。

〔図1〕RFIDリーダーライターでボールから計測データを無線で取得
〔図1〕RFIDリーダーライターでボールから計測データを無線で取得
屋上の通気口から試験ボールを入れ、屋外の排水桝で回収する。RFIDリーダーライターでボールのIDと時刻を読み取る。RFIDが付いたボールが詰まっても、排水管のどこにあるのか、無線でおおよその位置を特定できる(資料:長谷工コーポレーション)
[画像のクリックで拡大表示]

 新築分譲マンションが竣工する直前に、各住戸のキッチンや浴室、トイレからつながる排水管に不具合がないか確認するために使う。首都圏で工事が進む同社の新築分譲マンションの設備検査で、2021年3月期中に竣工を迎える物件から順次、本格運用を始める。その後は近畿圏や中部圏にも導入し、全社展開を目指す。

 これまで担当者はテニスボールサイズの球を使い、手作業で通球試験を行っていた。屋上の通気口からボールを投入し、屋外の排水桝(ます)で回収する。これをシール型のRFIDを張り付けた試験ボールに切り替えて実施する〔写真1〕。各RFIDには、固有のID(識別番号)を割り当てる。

〔写真1〕マンション屋上の通気口から試験ボールを投入
〔写真1〕マンション屋上の通気口から試験ボールを投入
排水管通球試験システム「Drain Trace」を検証しているところ。RFIDを張り付けたボールと、スマートフォンを取り付けたRFIDリーダーライターを使う(写真:長谷工コーポレーション)
[画像のクリックで拡大表示]

 長谷工は18年5月から、通球試験システムの実証を続けてきた。その結果、設備工事会社による検査時間を約3割削減できた。同じく、検査記録などの書類作成にかかる時間も約3割短縮した。

 測定結果はRFIDリーダーライターで、ボールから無線で自動取得する。リーダーライターでデータを読み取るのは、ボールの投入時と到着時だ。両時刻のタイムスタンプが残る。そのため、計測データの信頼性が向上する。

クラウドに計測データを送信

 屋上にいる担当者はボールの投入時に、リーダーライターでRFIDを読み取る。一方、排水桝にいる別の担当者はリーダーライターを管の出口にかざすだけで、ボールが出てくるたびに無線で計測データを取得できる。複数のボールがほぼ同時に出てきても、一斉にスキャン可能だ。

 リーダーライターの上には、スマートフォンを取り付けた。計測データはスマホからクラウド上のデータベースに送る。データを手書きでメモする必要がなく、書類作成のために転記することもない。記入ミスや漏れも起こらない。