全985文字
PR

 長谷工コーポレーションとアウトソーシングテクノロジー(東京都千代田区)は7月6日、日本マイクロソフトと連携し、マンションの外壁タイル打診検査に使うMR(複合現実)向けアプリ「AR匠RESIDENCE(エーアールタクミレジデンス)」を共同開発したと発表した。現場の検査担当者はマイクロソフトのMRヘッドマウントディスプレー「HoloLens(ホロレンズ) 2」を頭に装着し、AR匠RESIDENCEの仮想画面を見ながら検査を進める。

 結果はAR匠RESIDENCEに記録され、報告書を自動作成できる。これにより、検査業務を約30%削減できる見通しだ。

 グループの長谷工リフォームが既存マンションの事前診断をする関東エリアにまず導入する。現場にはHoloLens 2を2台配備。マイクロソフトによれば、マンションのタイル打診検査にMRを使う例は国内初だ。

 技術者の派遣および開発請負を手掛けるアウトソーシングテクノロジーは年内に、他の建設会社やリフォーム会社などに向けてAR匠RESIDENCEの販売受け付けとトライアル運用を開始する予定である。価格は未定。長谷工とアウトソーシングテクノロジーはデジタル技術の活用で、建設・不動産業界における業務の生産性向上を目指す。