全731文字

 防災科学技術研究所(以下、防災科研)はAI(人工知能)を活用して、地震による地表の揺れを予測する手法を開発した。AIとこれまで使われてきた地震動予測式を組み合わせることで、データが少ない震度7級などの地震の揺れでも予測精度が向上した。将来の地震災害に備えて被害予測の精度向上につなげる考えだ。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料