全823文字
PR

 竹中工務店は9月1日、地震時に免震建物がどれだけ変位したかをリアルタイムで確認できる「直立型変位計」を開発したと発表した。既に同社の社員寮や横浜市役所新庁舎に導入している。オプションの表示システムを用いれば免震層に人が入らなくてもデータを確認でき、巨大地震の後に建物が使用できるかを判断する際に役立つ。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料