PR

 大林組は、ブレーカーによるコンクリート破砕時の騒音を、気泡を使ってエネルギー換算で約7割低減させる装置「バブルサイレンサー」を開発した。重機に後付けして気泡を徐々に流し、ブレーカーのノミ部分や破砕対象を泡で覆う〔写真1〕。粉じん飛散の抑制にもつながる技術として今後、コンクリート構造物の解体や岩盤の掘削などへ適用する。

〔写真1〕泡でノミを包み込む
〔写真1〕泡でノミを包み込む
バブルサイレンサーを使った解体の様子。ブレーカーのボディー側で泡をつくり、ノミ部分の先端を包むように送出する。泡で包まれた中にブレーカーの先端がある(写真:大林組)
[画像のクリックで拡大表示]

 重機のアタッチメントの中で、ブレーカーは騒音が大きな部類に入る。構造物を解体する場合、大きなツメで破砕対象を握りつぶす圧砕機など、比較的静かなアタッチメントもあるが、地下構造や基礎などでは構造物の背面に空間がなく、ツメで構造物をつかめないことも多い。そうした場面ではブレーカーを使うことが避けられない。

 バブルサイレンサーは、ブレーカーに取り付ける気泡の発生装置と放出装置、発生装置にホースでつながる気泡溶液、別のホースで空気を圧送するコンプレッサーから成る。常に一定の厚みとなるように気泡を送り出し、ノミ部分を気泡で覆う。

 同社がブレーカーの騒音発生箇所を調べたところ、周辺環境への影響が大きい騒音源は、先端のノミ部分であることが確認できた。破砕対象へ突き立てた際、特に人間が不快に感じやすい高音域の大きな音を出していた。だが、破砕対象に突き立てる可動部だけに、これまで対策が難しかった。

 解体工事にバブルサイレンサーを試験適用したところ、5dBA(エネルギー換算で約7割)の低減効果を確認できた。その低減効果は高音域で特に大きかった。

泡は人体に影響なし

 従来から「低騒音タイプ」のブレーカーも存在した。ノミ部分ではなくアタッチメントのボディーに防音の工夫を施したものだ。同社によると、通常のブレーカーに比べて2dBA(エネルギー換算で約3割)の低減効果がある。この低騒音タイプのブレーカーにバブルサイレンサーを使うと、低減効果は合わせて7dBA(同約8割)まで高まる。

 この装置で用いる気泡溶液は、工事で一般的に使用される洗剤だ。人体への安全性などは確認済みで、気泡が付着したガラも産業廃棄物にはならない。

 気泡の送出速度などは「技術のノウハウに関わるため公表できない」(同社CSR室広報部)とするが、気泡がある程度の流量で破砕面も覆うことにより、粉じんの飛散を抑制することも確認した。

 解体現場では粉じん対策として作業員による散水が行われている。そうした手間の削減にもつながりそうだ。