全3238文字
PR

2011年3月11日の東日本大震災で「コストコ多摩境店」の駐車場スロープが崩落、2人が死亡した事故は、現在も建築紛争が続いている。民事訴訟の1審判決を2回に分けて解説する。(日経アーキテクチュア)

東日本大震災で立体駐車場と地上を結ぶ自動車用スロープが崩落、下敷きになった2人が死亡した「コストコ多摩境店」。刑事訴訟では建築関係者の無罪が確定したが、今なお民事訴訟が続く。民事訴訟1審判決は設計者にのみ過失を認定、高額賠償を命じた
東日本大震災で立体駐車場と地上を結ぶ自動車用スロープが崩落、下敷きになった2人が死亡した「コストコ多摩境店」。刑事訴訟では建築関係者の無罪が確定したが、今なお民事訴訟が続く。民事訴訟1審判決は設計者にのみ過失を認定、高額賠償を命じた
[画像のクリックで拡大表示]

 震度5程度の揺れで駐車場のスロープが崩落、下敷きになった2人が死亡──。東日本大震災における「コストコ多摩境店」(東京都町田市)の痛ましい事故は、今も記憶に新しい。1人の構造設計事務所代表者が刑事訴追を受け、1審では有罪となったものの、2審で逆転無罪となったのは日経アーキテクチュアでも過去に詳報されたところだ〔写真1〕。

〔写真1〕事故直後に撮影した崩落したスロープ
〔写真1〕事故直後に撮影した崩落したスロープ
東日本大震災発生時に撮影したコストコ多摩境店。崩落したスロープにより2人が死亡、6人が負傷する事故が発生した。スロープ部分に見えるのが裁判で問題となったブレースだ(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回取り上げるのは、この事故で生じた損害を巡る民事訴訟の1審判決だ。原告は店舗所有者の米コストコの日本法人と保険契約を締結していた欧米の保険会社2社で、請求総額は約12億5000万円に上った。

 被告側は、設計を統括し確認申請などを実施した意匠設計事務所、構造設計の再委託を受けた構造設計事務所A、そしてコストコ側から特命を受けて構造の変更設計を手掛けた構造設計事務所B、施工を元請けした大手建設会社だ。

 なお刑事事件で東京地方検察庁立川支部は意匠設計事務所、構造設計事務所A、施工者を不起訴処分とし、構造設計事務所Bのみ起訴した。民事訴訟で改めて関係者の責任が問われた格好だ〔図1〕。

〔図1〕保険会社に訴えられた
〔図1〕保険会社に訴えられた
保険金を支払った保険会社は、被保険者が受けた損害を肩代わりする立場となる。集客力が大きい大規模店舗での事故だけに、特に損害額が大きかった(資料:判決文を基に日経アーキテクチュアが作成)
[画像のクリックで拡大表示]