全4246文字

数億円の建物をシェアで所有し、自宅や別荘として使えるほか、ホテルとしても貸し出せる。新ビジネスを体現した「NOT A HOTEL(ノットアホテル)」のフラッグシップが、栃木県大田原市に開業した。

2023年1月からオープンする「NOT A HOTEL NASU」の「MASTERPIECE」リビング・ダイニング。天井高さを6100mmとすることで天井面を暗くし、外の景色を引き立たせる。引き戸で全面開放できるピクチャーウインドーの外には、プールやバーベキューなどができるテラスを設け、自然と一体化したような空間を用意した(写真:安川 千秋)
2023年1月からオープンする「NOT A HOTEL NASU」の「MASTERPIECE」リビング・ダイニング。天井高さを6100mmとすることで天井面を暗くし、外の景色を引き立たせる。引き戸で全面開放できるピクチャーウインドーの外には、プールやバーベキューなどができるテラスを設け、自然と一体化したような空間を用意した(写真:安川 千秋)
[画像のクリックで拡大表示]

 手入れの行き届いた牧場の芝生が続く丘の上に、趣の異なる2軒の建物が立つ〔写真1〕。中に入ると、開放的なピクチャーウインドーによって周りの環境と一体化したようなリビング・ダイニングが広がっていた。

〔写真1〕丘の上に牧場の眺望を取り込むように2棟を配置
〔写真1〕丘の上に牧場の眺望を取り込むように2棟を配置
左に写るコンクリート打ち放しの建物がTHINK、右がMASTERPIECE。芝生部分が牧場の敷地で、NOT A HOTELはその隣にある。建物はいずれも牧場に向けて大開口を配置した(写真:安川 千秋)
[画像のクリックで拡大表示]

 その施設の名は「NOT A HOTEL NASU(ノットアホテルナス)」(以下、NASU)。「ホテルではない」という言葉の通り、従来の宿泊施設とは一線を画したコンセプトで建てられた。建設費が数億円の別荘の所有権をシェアで購入し、利用しない日はホテルに切り替えて貸し出すこともできる新しい業態だ。2020年設立のスタートアップ企業、NOT A HOTEL(東京都渋谷区)が事業主となり開発。2022年10月に完成し、23年1月から稼働する。

 22年11月、初弾としてNOT A HOTEL AOSHIMA(アオシマ)が宮崎市で開業。2件目となるNASUと共に全国展開していくためのフラッグシップとして位置づけている。25年度中には国内30カ所に拡大していく計画だ。