全6944文字
PR

スイス西部の町で、坂茂氏設計の巨大木造オフィスが完成した。建物を覆う木造グリッドシェルが特徴だ。与条件を3Dモデルで共有する「パラメトリック3Dプランニング」を活用し、構造と設備の統合を実現した。

スイス・ビールに完成したスウォッチ本社を北側上空から見る。大屋根が道をまたいで南側の敷地に立つ「シテ・デュ・タン」の屋上に架かる。さらにその南に、生産施設「オメガファクトリー」が並ぶ(写真:Swatch)
[画像のクリックで拡大表示]

 世界的な時計メーカーであるスウォッチグループの新本社が、スイス・ビールで2019年10月にオープンした。設計したのは坂茂氏だ。

 川沿いにある3つの敷地には、北から順にスウォッチ本社、「CITÉ DU TEMPS(シテ・デュ・タン)ミュージアム/カンファレンスホール棟」、時計の生産施設「オメガファクトリー」が並ぶ。総事業費は2億2000万スイスフラン(約235億5000万円)。設計から開業まで約8年半を要した。