全3857文字
PR

2階建てながら全用途が外部と直接つながる公共複合施設が2020年4月、熊本県天草市に誕生した。ランドスケープと一体の建築を目指して行き着いたのが、中央の庭を細長い平面で包み込む構成だ。

「おおらかな庭」を取り囲む建物配置。2階デッキを地上部へステップ状につなげることで、立体的なランドスケープが生まれた。上空から見た左手、デッキの西端も既存の地形を生かした高台と接続している
「おおらかな庭」を取り囲む建物配置。2階デッキを地上部へステップ状につなげることで、立体的なランドスケープが生まれた。上空から見た左手、デッキの西端も既存の地形を生かした高台と接続している
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
(写真:イクマ サトシ)
(写真:イクマ サトシ)
[画像のクリックで拡大表示]

 熊本県天草市に2020年4月、開館した「天草市複合施設『ここらす』」は、図書館と保健所、公民館といった3つの用途が複合した公共施設だ。市内5カ所に分散していた機能を集約した。湾曲する細長い平面形状の建物が敷地南側の「おおらかな庭」を包み込む配置が特徴だ〔写真1〕。

〔写真1〕災害時は防災広場に
〔写真1〕災害時は防災広場に
南側全景。「おおらかな庭」は災害時には防災広場として機能する。1階南側の開口はすべて引き違いガラス戸。右手の階段の中には、倉庫や駐輪場が入っている(写真:イクマ サトシ)
[画像のクリックで拡大表示]

 設計者は、公募型プロポーザルで17年に最優秀者に選ばれた日建設計。同社設計部門アソシエイトアーキテクトの田中渉氏は、敷地や周囲の自然を生かすには、庭と建築が一体になった計画にすべきだと判断した。

 「敷地は中学校跡地で、かなり広くて起伏も多い。海からの風が通り抜け、南西方向には、観光名所の十万山が見える。そこで、敷地の南側に大きな庭を設けて、光や風、眺望を取り込むために、複数の屋根で構成する断面を提案した」(田中氏)

 建物の1階には、市の健康増進課や検診室のほか、本渡地区公民館や市民活動支援センターなどが入る。2階は、地元の規格製材を使った木造屋根が架かる中央図書館だ。

 一般利用者が使う入り口は、1階に2カ所。駐車場からホールへ入る北側と「おおらかな庭」に面した南側に配置した。2階は南のデッキ側に3カ所設けているが、運用上、通常、使用できるのは階段の近くだけだ。

 図書館は、敷地の東南部に配置した緩い勾配の階段とデッキを経由して、2階にありながら庭から直接アプローチできる。「庭の一部が盛り上がって図書館レベルになるのを意図した」(田中氏)立体的なランドスケープだ。「ステップガーデン」と呼ばれる階段は、避難路や耐震要素の役割も担っている〔写真24〕。

〔写真2〕庭との連続感を創出
〔写真2〕庭との連続感を創出
2階デッキ。中央奥に図書館への入り口が見える。ウッドデッキと芝生による植栽が「おおらかな庭」との連続感を創出している(写真:イクマ サトシ)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真3〕全長約100mの空間
〔写真3〕全長約100mの空間
写真左手が図書館の総合カウンター。総合カウンターを中心に、長さ約100mの細長い空間が広がる。奥は一般図書の開架スペース(写真:イクマ サトシ)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真4〕庭に面して「縁側テラス」
〔写真4〕庭に面して「縁側テラス」
1階ホール。階段の両側に入り口がある。RCの梁から左側は、「おおらかな庭」に面した半屋外の「縁側テラス」。左手奥に喫茶ブースが見える(写真:イクマ サトシ)
[画像のクリックで拡大表示]