高知県と高知市が共同でつくった図書館を核とする複合施設が7月に開業した。県市の合築図書館は日本初だ。最大の特徴は、書庫をフロア中央に配置して開架で囲むプラン。図書館計画では珍しい。開架閲覧室からはガラス越しに書庫が見え、膨大な数の図書館蔵書を身近な存在にしている。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料