全1750文字
PR

住宅が密集する地域の狭小敷地で、ひときわ目を引く片流れの白い住宅。内外に4つのアーチ状の壁を配し、視覚的に奥深くまで続くように見せた。前庭と中庭による室内との明暗差も空間に広がりを与える。

 間口の狭い2階建て住宅が隙間なく並ぶ町並みに、隣接する建物の1階分の高さにも満たない小さな白い壁が“浮いて”いる。4戸が連なっていた長屋の1戸分を解体し、跡地に新築した住宅だ。建て主と子ども2人が暮らす〔写真1〕。

〔写真1〕長屋の一部を建て替えた狭小住宅
〔写真1〕長屋の一部を建て替えた狭小住宅
写真の左奥側に、残された長屋が3戸連なっている。敷地の3方向に隣家が迫っているため、採光・通風とプライバシーの確保の両立が課題になった(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
断面図
断面図
[画像のクリックで拡大表示]

 敷地は間口4.5m、奥行き13mと細長い形で、面積は約70m2。両隣に住宅が密接する。設計を担当したarbol(アルボル)(大阪市)代表の堤庸策氏は、南側の前面道路から敷地奥に向かって高くなる片流れ屋根の建物を提案。壁で囲った前庭と中庭を設け、プライバシーを守りながら、採光と通風を確保した〔写真2〕。

〔写真2〕前庭と中庭で自然光を確保
〔写真2〕前庭と中庭で自然光を確保
南の前面道路に向けて緩やかな片流れの屋根を架けた外観。周囲からの視線を遮りながら採光するため、前庭と中庭がある部分で屋根に開口を設けた(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]

 内部はワンルームの開放的な空間になっている。主寝室と浴室など以外は間仕切りを設けていない。天井は屋根の傾斜をそのまま見せて、奥に向かって空間が広がっていくように感じる効果を狙った。

アーチと光で室内を広く見せる

 この住宅のポイントは2つある。1つは4カ所のアーチで、奥行きを強調する。外壁に設けた出入り口、前庭に面する開口部、室内の2カ所にアーチ状の下がり壁がある〔写真3、4〕。

〔写真3〕前庭に導くアーチ状の門
〔写真3〕前庭に導くアーチ状の門
内開きの戸を抜けると前庭がある。掃き出し窓を開けて出入りするため、外壁に設けた門扉が実質的な玄関として機能している。門の右手には壁の厚みを利用してインターホンとポストを設置した(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真4〕アーチ状の壁でゾーニング
〔写真4〕アーチ状の壁でゾーニング
リビングから廊下、中庭、2階の子ども室が一体的に連続する空間。各境界にアーチ状の下がり壁を設けて、ゾーニングしている(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]

 「アーチの形や大きさを変えることで、重なり合ってもそれぞれのアーチの一部が見えるようにした」と堤代表は説明する。異なるアーチの重なりが遠近感を強め、床面積以上の奥行きを感じさせる。

 もう1つのポイントは、LDKを挟むように配置した前庭と中庭だ。日中は前庭と中庭に面した大開口が明るく、室内がその分暗く見える。そのため、前庭、LDK、中庭と廊下、2階の順に明暗が繰り返される。こうした段階的な明暗差が、奥の居室ほど広く大きな空間であるように感じさせる仕掛けとなっている〔写真5〕。

〔写真5〕大開口で室内に屋外空間を取り込む
〔写真5〕大開口で室内に屋外空間を取り込む
中庭に向けて2方向に開口部を設けた。室内と庭を視覚的につなげ、奥行きを広く感じさせる(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]

 LDKと奥の居室の間には、床にタイルを張った廊下を設けた。内と外、プライベートとパブリックをつなぐ緩衝地帯になっている〔写真6〕。

〔写真6〕タイルがアクセントに
〔写真6〕タイルがアクセントに
吹き抜けの廊下は中庭から入る自然光に満ち、この住宅のパブリックとプライベートを切り替える役割を果たす。床には建て主が購入したベトナム製タイルを張った(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]

 廊下の先にある階段を上ると、子ども室がある。吹き抜けを介して1階とつながっているが、アーチ状の下がり壁と現しの梁で緩やかに仕切った。「子どもたちの気配が常に感じられる」と建て主は喜ぶ〔写真7、8〕。

〔写真7〕屋根裏感覚の子ども室
〔写真7〕屋根裏感覚の子ども室
北側1階に主寝室、浴室など、2階に子ども室を設けた。2階は屋根の傾斜を近くで見られる屋根裏のような空間。間仕切りを設けず、前庭まで見通せる(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真8〕高低差で仕切る2階
〔写真8〕高低差で仕切る2階
2階は吹き抜けを通して1階とつなげた。壁と天井はしっくい仕上げ。微妙な凹凸が照明で陰影をつくる(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]