全3505文字
PR

築35年の賃貸マンションが富裕層向けの分譲マンションに生まれ変わった。野村不動産がタイル張りの既存棟を改修保存しつつ、ガラス張りの増築棟を新設。新築同等の「価値」を持つ超高級マンションに再生した。

 曲面状の外観にタイルを施した既存棟と、ガラス張りの増築棟が木々の奥に並び立つ。2020年2月、東京都渋谷区の閑静な住宅街に、「プラウド上原フォレスト」が完成した。

 1984年に竣工した高級賃貸マンション「エリーゼアパートメント」を野村不動産が取得。既存の建物を改修し、隣の増築棟と合わせて15戸が入る、地下1階・地上3階建ての分譲マンションにした〔写真1〕。住戸面積は147m2~232m2。最低価格が2億円台、最高は5億円を超える。3月時点で約半数を販売している。

〔写真1〕既存棟と増築棟は対照的な外観
〔写真1〕既存棟と増築棟は対照的な外観
タイル張りの既存棟(左)の北側に、ガラス張りの増築棟を新設した。増築棟住戸の入り口部分で両棟を接続した。既存棟は各階4戸、増築棟は同1戸が入る(写真:山田 愼二)
[画像のクリックで拡大表示]

建て替えから「保存再生」へ

 「既存棟を残し、増築棟と組み合わせて分譲マンションに改修したのは我々が知る限り、国内初だ。風合いのある建物や既存の樹木など、新築にはない魅力を生み出せた」。野村不動産住宅事業本部の沖村秀雄・事業推進一部副部長兼推進一課長はこう語る〔写真2~4〕。改修・増築の設計・施工は、竹中工務店が担当した。

〔写真2〕景観を楽しめる開放的な空間
〔写真2〕景観を楽しめる開放的な空間
増築棟住戸のリビング・ダイニング。一部の柱を細い鉄骨造の円柱にし、外に通じる視界の広がりを確保した。Low-E複層ガラスのアルミサッシ窓の一部には換気口を設けた(写真:山田 愼二)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真3〕曲面が特徴的な既存棟
〔写真3〕曲面が特徴的な既存棟
既存棟のエントランスまわり。窓やバルコニーなど、随所に曲面を取り入れている。庇の上の大きなガラス窓は改修で設置したもの。以前は外部だった空間を、ガラスで区切って内側に取り込んだ。玄関扉はオートドアに変更した(写真:山田 愼二)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真4〕窓の外に既存の樹木が見える
〔写真4〕窓の外に既存の樹木が見える
[画像のクリックで拡大表示]
増築棟(上)と既存棟の居室から外を見る。いずれも、敷地に残した樹木の姿を楽しめる。年月を経た木々の存在は、新築マンションでは得にくい価値になる(写真:山田 愼二)
[画像のクリックで拡大表示]
増築棟(上)と既存棟の居室から外を見る。いずれも、敷地に残した樹木の姿を楽しめる。年月を経た木々の存在は、新築マンションでは得にくい価値になる(写真:山田 愼二)

 野村不動産は建て替えるつもりで土地と建物を購入した。だが調べてみると建物はまだ十分に使用でき、内外装材の質も良い。そこで既存建物を生かす方針に切り替えた。

 既存棟は外装材やエントランスの内装材、照明などをできるだけ保存。機能や耐震、断熱などの性能は現在求められる水準まで高めた〔図1〕。

〔図1〕既存棟を残し、増築棟を建てる
〔図1〕既存棟を残し、増築棟を建てる
改修のイメージ。既存棟は内外装材や、曲面を取り入れた外観デザインをできるだけ保存した。元から生えている樹木も保存するため、擁壁を補強した(資料:竹中工務店の図を日経アーキテクチュアが加工)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、旧マンションに住んでいた元オーナーの庭だった敷地に新設した増築棟は、道路に面した東側全面をガラスで覆った。「既存棟に合わせた意匠も検討したが、素材やディテールを再現するのは難しかった。対照的なデザインにすることで、新旧を互いに引き立たせた」(竹中工務店の齋藤亮太・東京本店設計部設計第5部門設計2グループ副部長)

 約40畳のリビング・ダイニングは、鉄筋コンクリート(RC)造の柱の間に細い鉄骨造の円柱を配し、視覚的な広がりを確保した。