PR

 「高齢者や被介護者に住みやすければ誰にとっても使いやすい」。そんな考えから生まれた賃貸住宅だ。1階住戸は水まわりを中心に置いた特徴的な間取りに加えて、将来のバリアフリー改修も想定。イニシャルコストとのバランスを図りながら、「住みやすさ」で賃貸市場での“競争力”を追求した。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料