全2718文字
PR

急斜面に立つ3階建ての住宅だ。平地面積が限られる中、崖側に大きく跳ね出す形状によって駐車スペースを確保。3層のボリュームをずらして重ねることで広いデッキを設け、階ごとの眺望にも変化をつけた。

 「滝山の住居」は、兵庫県東南部に位置する川西市の高台に立つ。細長い箱形のボリュームを、扇を少しずつ広げるようにずらしながら3層積み重ねた構成で、各階が崖側に張り出している〔写真1〕。

〔写真1〕ずらした“箱”の屋上部分をデッキに
〔写真1〕ずらした“箱”の屋上部分をデッキに
南側から見下ろす。3層をずらしながら積み重ね、各階に大開口とテラス、デッキを設けた(写真:浅田 美浩)
[画像のクリックで拡大表示]

 この住宅は、夫婦と息子、祖母の3世代4人が適度な距離感を持って暮らせるよう、各世代のプライベートな空間を階ごとに分けて計画した。

 高齢の祖母の寝室と水回り、エントランスを道路レベルの2階に、ワンルームのリビング・ダイニング・キッチンと夫婦の寝室を3階に配置。社会人の息子の寝室は、外部階段を介して離れとする1階に配置した。

 設計はタトアーキテクツ/島田陽建築設計事務所(神戸市中央区)が手掛けた。同社の島田陽代表は、道路側から崖側に向かって幅が広くなる敷地形状から、角度の広い眺望が得られる点に着目。「各階のボリュームをずらすことで、階ごとに異なる景色が開けることを意図した」と説明する〔図1〕。

〔図1〕2階が上下階を支える
〔図1〕2階が上下階を支える
俯瞰図。積層した3層のうち、主に2階が上下階を支える構造だ。もともとは平場部分に祖父母の住宅が立っていた。構造が独立する既存デッキは、一部を残して庭を整備した(資料:タトアーキテクツ/島田陽建築設計事務所)
[画像のクリックで拡大表示]