全4309文字
PR

建設現場での無線LAN構築に注目が集まっている。スマートフォンやタブレットがWi-Fiにつながらないと、Webも図面も見にくくて不便だからだ。単管パイプや分電盤を用いて無線LANを構築した、驚きの現場に迫る。

 戸田建設は2020年夏、古野電気とPicoCELA(ピコセラ)(東京都中央区)と共同で、超高層ビルの建設現場で広く無線LANが使えるシステムを開発した。仕組みは非常にユニークだ〔写真1、2〕。現場でよく見る単管パイプ(中空の金属管)をLANケーブルの代わりに使う。戸田建設と古野電気が開発した「ウェーブガイドLAN」がベースで、垂直設置型の「アンテナユニット」の上下にパイプを付け、ビルの地下から上層階まで電波を送る。

〔写真1〕建設現場にWi-Fiが欠かせない
〔写真1〕建設現場にWi-Fiが欠かせない
スマートフォンやタブレットがサクサク動かないと、デジタル化した図面の確認やスマホアプリの動作などに時間がかかって、仕事にならない(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真2〕単管パイプで電波を送る
〔写真2〕単管パイプで電波を送る
建設現場では見慣れた単管パイプを無線LANのケーブル代わりに使う。中央部分が「アンテナユニット」(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらにビルの約10層ごとに、PicoCELAの無線LAN機器である「PCWL-0410」を「AP(アクセスポイント)」として設置する。複数のAPを接続するPicoCELAの「無線バックホール方式」を併用するためだ。

 Wi-Fiをよく使う階には、フロア内に複数のAPを置いて通信可能エリアを拡大。建設現場に「全域Wi-Fi」を構築した〔図1〕。これにより、現場のどこにいても大容量な図面データをダウンロードして閲覧したり、モバイル端末やウエアラブル端末、カメラなどを高速にネット接続して仕事に役立てたりできるようになった。全域Wi-Fiは現場の生産性を高め、働き方改革を推進する建設DX(デジタルトランスフォーメーション)の基盤だ。

〔図1〕単管パイプを「導波管」として利用
〔図1〕単管パイプを「導波管」として利用
「ウェーブガイドLAN」の基本構成(左)。約10層分を単管パイプとアンテナユニットでカバーする。無線のアクセスポイント(AP)と単管パイプを組み合わせ、38階まで電波を届ける(右)。約10層ごとに設置するAPの通信機器は、PicoCELA製。AP同士は「無線バックホール方式」が持つ「無線多段中継」で接続し、約10層分の全フロアにはアンテナユニットから電波を放射(資料:古野電気の資料を基に日経アーキテクチュアが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 全域Wi-Fiをいち早く導入したのは、日本一の超高層ビルが立つ予定である「東京駅前常盤橋プロジェクト」の建設現場である。9月に街区名が「TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)」に決まったばかりだ。街区で最も高いB棟は「Torch Tower(トーチ タワー)」と名付けられた。高さは約390m。27年度の竣工を計画している。その隣には、21年6月に竣工予定のA棟が先に立つ。こちらは名称が「常盤橋タワー」に決定した。

 高さが約212mある、地下5階・地上38階建てのA棟は既に上棟している。現在は内装工事中だ〔写真3〕。

〔写真3〕21年6月に完成予定である「常盤橋タワー」の建設現場
〔写真3〕21年6月に完成予定である「常盤橋タワー」の建設現場
JR東京駅近くにできる新街区「TOKYO TORCH」のA棟(常盤橋タワー)は、外観がほぼ完成。現在は内装工事中で、建設現場は全域Wi-Fiが使える(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 A棟の施工を担当しているのが戸田建設である。このビルの建設現場にWi-Fi網を張り巡らせた。高層ビルの上層階はスマホの電波が届きにくい。これではコミュニケーションが取れない。クラウドにあるアプリも使えない。超高層ビルの建設現場をWi-Fiで網羅した例は皆無に等しい。戸田建設はそれをやってのけた。