街づくりの視点を加えて

 連載コラム「建築巡礼」がお気に入りだ。大御所の代表作や隠れた名作など、竣工から時間が経過し、味わいが増した建物を取り上げて、再評価しているところがいい。イラストのタッチも好きだ。建物の特徴をよく捉えているし、めりはりも利いている。

 実は私も、平成の時代が始まったころ、建築雑誌などを見て、街の個性を生かした公共建築を求めて、日本全国を行脚したことがあった。あれから30年が過ぎたいま、あの建物たちは設計者が意図したとおりに利用されているのか、街にとってどのような波及効果があったのか、気になっている。

 建築巡礼で公共建築を取り上げる際には、街づくりの観点からの評価もぜひ加えてほしい。

福田 雅仁
(設計事務所、55歳)

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い