PR

 騒音が社会問題化したのは団地開発が進んだ1970年代。74年にはピアノの音が原因で、国内初の“騒音殺人事件”が起きています。暮らしの変化や建物性能の向上に合わせ、音の問題は複雑化。気密性や防音性の高い空間の実現により、屋内で過ごす時間が長い人は、小さな音にも敏感に反応するようになりました。また、ふすまや畳など音を吸収する素材が多かった和室が減って、フローリングの洋室が増えたことで、音はより大きく響くようになりました。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)