全322文字
PR

 本稿の執筆時点で、ウクライナとロシアの間に停戦の見通しは立っていません。この戦争が建築ビジネスに与える影響も、いよいよ無視できなくなってきました。そこで今号の特集では、ウクライナ危機が建築界にもたらす影響を、様々な断面から探ろうと試みました。先行きがあまりに不透明なため、予測にとどまる記述も少なくありませんが、コロナ禍に大地震、そして戦争という波乱の幕開けとなった2022年を乗り切るうえで、参考にしていただければ幸いです。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)