PR

 ある公共建築物の耐震補強工事の構造実施設計を手掛けた。基本設計時の耐震診断と補強案をもとに進める予定だったのだが、解析のモデル化などの見直しが必要と判断できたので、施主の同意を得たうえでやり直した。当然、補強案も見直しとなり、数多くの案を要求された。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料