PR

 国の重要文化財「日本橋高島屋S.C.本館」を含む再開発の取材で、東京・日本橋界隈へ何度も足を運びました。一帯を実際に歩いてみると、様々な世代の人が思い思いに過ごしている姿が印象的。「敷居が高くて、私はお呼びじゃない感」、そんなイメージが変わった気がします。街の特徴をどう打ち出すか、今後は都市の個性を際立たせる競争がさらに激しくなりそうです。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い