全240文字
PR

 設計事務所の主宰者がどんな悩みを抱えているか、初めてアンケート調査をしました。事務所経営の実態を明らかにする貴重な資料です。

 取り上げたテーマに「事務所の存続・継承」があります。以前、地方を取材した際、仕事は相応にあるのに後継者がおらず、事務所を閉めざるを得ない例があると聞きました。

 今回取り上げた艸(そう)建築工房の例は、とても参考になります。主宰者は自分が元気なうちに若い所員に経営のバトンを渡す。そうすれば安心して、設計者として生涯現役を続けることも可能になるでしょう。