全233文字
PR

 特集で青木淳氏と藤本壮介氏にお会いしました。注目の建物を設計した人と話せるのは刺激的ですし、何より設計事務所を訪問できるのが楽しみです。建築模型を目にすると、ワクワクします。私は普段デジタル系の話題を取材することが多いですが、リアルの模型が放つ存在感を知ると、設計者が今も模型を大切にすることを理解できます。模型の“熱量”は顧客に強く伝わるでしょう。

 建物のプロである設計者は、模型が置ける床面積の広さで事務所物件を選ぶのでは。現場の写真をじっくり見てほしいです。