全319文字

 日経アーキテクチュア2019年9月26日号から始まった「建築デジカツ最前線」は良いレポートだった。内容は、清水建設のコンピュテーショナルデザインの導入状況を紹介したもの。大手ゼネコンが新しい3次元デジタル設計ツールの社員への浸透をいかにして進めているか、同ツールの活用によってどんな業務改善効果が期待できるのかがよく分かった。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い