全2096文字
PR

 富士図版画集である『富嶽三十六景』などの作品で名高い葛飾北斎は、1760年、現在の東京都墨田区に当たる江戸の本所で生まれた。浮世絵師となってからもその辺りを転々としながら暮らしていたが、83歳になって信州の小布施を訪れ、そこに滞在して肉筆画を描いた。これを常設展示する美術館がこの北斎館だ。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する