PR

 東京都が2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて整備する新規恒久施設8件で唯一、運用を開始した「武蔵野の森総合スポーツプラザ」。大会対応のため、異例の開業前バリアフリー改修を実施した。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い