PR

 建築売上高は堅調だが、建築受注高や完成工事総利益率には“一服感”。その一方、営業・当期利益は設計事務所に比べて好調ぶりが表れている。安定した経営環境を背景に、五輪後を狙う新事業分野への取り組みが活発だ。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い