PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!

「二階堂の家」は、カスタマイズ志向の強い30代夫婦のための住宅だ。建築家の藤原徹平氏は、SE構法と木造軸組みを組み合わせて“手を入れられる部位”を明示。構造材も壁も現しにして、住まい手によるDIYを誘う。

 「自分たちでカスタマイズしていくための、プラットフォームが欲しい」。30代夫婦のそんな要望を受け、フジワラテッペイアーキテクツラボ(以下、フジワラボ)が設計した木造2階建ての住宅だ。鎌倉市の神社の森を背にした不整形な敷地に立つ。

 建て主は緑に囲まれた土地を一目ぼれして購入。これに予算の大半を充てたため、住宅自体はローコストにしなければならなかった。当初は工務店に設計・施工を相談するも納得がいかず、雑誌で見たフジワラボの住宅に関心を持ち、依頼した。