国内の住宅ストックが膨れ上がるなか、単に設備や仕上げを刷新しただけの改修では、嗜好が多様化した買い手や住まい手に選ばれない。評価されるのは、想定するユーザーの嗜好を捉え、それを徹底的に追及した改修だ。省エネなど各種性能と意匠性の両立、京町家、DIYといった独自性を売りに、事業者がユーザー目線で手掛けた事例から、売れる住宅改修の条件を探る。

[画像のクリックで拡大表示]