PR

 平成中期は、グローバリズムと格差社会が進行した時期だった。バブル崩壊の影響は建設業界に重くのしかかり、上場ゼネコンの淘汰・再編が本格化。地方の公共事業は圧縮され、民間投資や公共事業の多い東京への一極集中が起こる。地方都市の商店街がシャッター通りと化した。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い