PR

建築の施工現場では、体に負担のかかる作業が少なくない。その支援策として注目を集めるのが、アシストスーツだ。高齢化対策としてだけでなく、若手に対する建設業のイメージアップにもつながる。

 アシストスーツはこれまで、患者のリハビリ用、介護者の負担軽減用などを主要な用途として開発が進んできた。そのため、全身サポート、握力サポートなど、強化したい部位によって様々な種類がある。

 数あるなかでも、建設関連の現場で威力を発揮するのが、腰をサポートするタイプだ。大学発のベンチャー企業、イノフィス(東京都新宿区)が開発したアシストスーツ「マッスルスーツ」も、その1つ。

 マッスルスーツは、電動モーターではなく、空気圧で作動する人工筋肉を採用している点が特徴だ。電力を用いないので故障しにくく、雨などの水にも強い。電源も不要なことから、屋外作業にも適している。

 人工筋肉はゴムチューブを筒状のナイロンメッシュで包み、両端をふさいだ構造。圧縮空気を注入すると、チューブが径方向へ膨らみ、ナイロンメッシュが長さ方向に収縮することで、強い引っ張り力が生まれる。この力を作業支援に使う。

 マッスルスーツは、この人工筋肉を内蔵したフレームを背負って使用する。フレームの左右に人工筋肉を内蔵しており、ワイヤで両側のももフレームとつながっている。中腰姿勢をとると人工筋肉が収縮してワイヤが引っ張られ、背中フレームが後ろへ回転しようとして上体を引き起こす仕組みだ。反力は、ももパッドで受ける〔写真1〕。最新モデルの「マッスルスーツEdge」は、本体重量4.3kgで、税別価格は49万8000円。

〔写真1〕人工筋肉を採用したアシストスーツ
〔写真1〕人工筋肉を採用したアシストスーツ
左は、イノフィスの「マッスルスーツEdge」のカバーを取り外した状態。空気圧で作動する人工筋肉を採用しているので、電源は不要だ。圧縮空気の注入量で補助力を調整でき、最大25.5kgfが出る。本体重量4.3kg。税別価格は49万8000円(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料