全2986文字
PR

 国内の事業者が、独自のライフスタイルブランドを開発する動きも目立つ〔写真1〕。その先駆けとされるのは、婚礼大手のテイクアンドギヴ・ニーズ(T&G)が新会社を立ち上げ、17年に東京・渋谷で開業した「トランクホテル」。同社は、27年までに10店舗に拡大させる計画を発表している(「投資惜しまず“遊び場”開発」に関連記事)。

〔写真1〕国内勢にもライフスタイル型の波

MUJI HOTEL GINZA

ちょうどいい価格で日常生活の延長を
ちょうどいい価格で日常生活の延長を
良品計画が展開する「ムジ・ホテル・ギンザ」。コンセプトは「アンチゴージャス、アンチチープ」。東京・銀座に2019年4月に開業した。中国・深センや北京に続く世界3カ所目で国内では初出店。低層部には世界旗艦店となる「無印良品 銀座」が出店する(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

トランクホテル

国内の先駆け東京に限定して拡大へ
国内の先駆け東京に限定して拡大へ
2017年に東京・渋谷で開業した。宿泊者の90%をインバウンドが占める。東京に限定した出店戦略で、27年までに10店舗に拡大する方針を発表している。「大人のための遊び場」がテーマ(写真:トランク)
[画像のクリックで拡大表示]

OMO5 東京大塚

街全体がリゾートディープな体験も支援
街全体がリゾートディープな体験も支援
星野リゾートが展開する都市観光ホテル「OMO」の2号店。2018年5月に東京・大塚で開業した。3~4人連れの宿泊客に対応できる高床式ベッド「やぐら寝台」を導入している(写真:星野リゾート)
[画像のクリックで拡大表示]

ノーガホテル上野

地域とつながる野村不がホテル参入
地域とつながる野村不がホテル参入
2018年11月に東京・上野で開業した。野村不動産グループで企画や開発、運営を手掛ける。「地域との深いつながりから生まれる素敵な経験」がコンセプト。その他のエリアでの水平展開も見込む(写真:野村不動産)
[画像のクリックで拡大表示]

 18年11月に開業した「ノーガホテル上野」は、ホテル事業初参入となる野村不動産などが手掛けた。衣服や生活雑貨、家具、食品など幅広くライフスタイル商品を展開する良品計画も19年4月、「MUJI HOTEL GINZA(ムジ ホテル ギンザ)」をホテル激戦区の東京・銀座で開業している。

 こうした動きに対し、国内外のホテル開発を複数手掛ける竹中工務店の濱野裕司・東京本店設計部長は、「ライフスタイル型ホテルの登場によって、ホテルというビルディングタイプが改めて、より多様な都市機能を持ち始めている。公共空間との連携なども起こるはずだ」と話す。