PR
全2766文字

1980年代に米国で生まれた「キンプトン」が、2020年初頭に西新宿で開業する。国内でインターコンチネンタル系列のホテルを統括するハンス・ハイリガーズ氏が、ライフスタイル型ホテルの運営の極意を語る。

ハンス・ハイリガーズ氏
ハンス・ハイリガーズ氏
1959年生まれ。インターコンチネンタル ホテルズ グループ(IHG)であるIHG・ANA・ホテルズグループジャパンのリージョナル総支配人西日本地区などを経て、16年1月より現職。国内33ホテルの運営を指揮する。地域文化との結び付きを重視するライフスタイルブランド「インディゴ」も箱根強羅(神奈川)などで進行中(写真:西田 香織)

 「ラグジュアリーライフスタイル」は、新しいものを求める人が訪れる東京、大阪などの都市に非常にミートするカテゴリーです。その1つであるキンプトンは1981年に米国で誕生し、2016年にIHGグループのブランドポートフォリオに加わっています。

 「ブティックホテル」という位置付けもされるブランドで、デザインに重きを置いてきました。世界に68あるキンプトンホテルが、1つずつ異なる強いパーソナリティーを持っています。

 「ラグジュアリー」というサービスを一律に考えず、個々のゲストにパーソナライズドされたサービスを提供するのも大きな特徴です。「こうでなければ」という息苦しさをなくし、ゲストの滞在の質を上げる。そのために、旧来とは違うカジュアルな、誰でも手の届くラグジュアリーを意識しています。

 日々進展するライフスタイルに対応するにはコンテンポラリー(現代的)なものとする必要があり、今までにないサプライズも求められます。ただ、「その一瞬の現在」で終わってはいけない。いつ来てもスタイリッシュであり続けるように気を付けています。

 個性を尊重しながら、周りの環境や地域のコミュニティーとの関係も忘れていません。「キンプトン ホテルズ & レストランツ」というブランド名の通り、レストランとバーを重視し、ゲストのみならず地域の方々から日常的に選ばれる場所をつくってきました。新宿でもオールデイダイニングやルーフトップバーを想定しています。

〔図1〕西新宿に2020年開業
〔図1〕西新宿に2020年開業
「キンプトン東京・新宿」(仮)の外観イメージ。建築の設計・施工を清水建設が手掛け、その他のデザインなどは未公表(資料:IHG・ANA・ホテルズグループジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 これからのホテル 
フレキシビリティーの高さを

 一口に「インバウンド」と言っても様々な国からの旅行者がいます。個々のゲストがホテルで快適に過ごせるようにするために、1番大切なのは、フレキシビリティーの度合いの高さです。チェックイン、チェックアウトの時刻に始まり、旧来の日本の旅館やホテルに多かったマニュアルに縛られたオペレーションでは快適な滞在にはなりません。

 そのため、キンプトンではオペレーションの在り方も、個々のホテルに任されています。もちろんファシリティーも、そうしたフレキシブルなサービスを支えるものでなければならない。これらの充実こそ、ライフスタイルブランドのカギなのです。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い